▲PAGE TOP

歯からウロコ その15 かむと痛い…知らないうちに神経が死んでいた

9月になって、めっきり秋めいてきました。
今日は、「歯からウロコ その15 かむと痛い…知らないうちに神経が死んでいた」と題し、
最近割とよく起こっていることについてお話ししたいと思います。
歯科に受診する主要な症状として「かむと痛い」があります。
原因として考えられるのは、以下の場合です
(1)歯の根っこの先が化膿している
(2)かみ合わせの負担がかなりかかっている
(3)歯の根っこが割れている
(4)歯周病が進んで歯のぐらつきがひどい
(5)知らないうちに神経が死んでいる
このうち(5)の項目についてお話します。
そもそも神経のある歯は、たたくと響くとか、かむと痛いといった症状は出ないのが通常です。
しかしそのような症状が起こる時は、神経が死にかけているか、完全に死んでいるということを考えます。
治療としては、神経を取り除き、根の治療をしたのち被せるか、詰める処置をします。
では、なぜ神経が死んでしまうのでしょうか。
多くの場合、その歯にかなり力がかかるかみ合わせになって、歯や根にひび割れが生じて、神経の部屋に
細菌が入り、神経に感染が起こっています。
歯の神経は、もともと弱い組織で、細菌感染が起こると容易に死んでしまいます。
以上のことから、事の発端がかみ合わせの強い力ということになります。
かみ合わせのずれが起こった状態で、くいしばったり、歯ぎしりをしたり、硬いものばかりかんだりしますと、
予期せぬことがおこってしまいます。
かみ合わせを常にいい状態にしておくことが重要です。
かみ合わせを整えて健康な毎日を
2021年09月03日 22:40
〒224-0036
神奈川県横浜市都筑区勝田南 2-19-16 高橋ビル201
センター北駅の山田歯科クリニック 歯科/歯医者の予約はEPARK歯科へ
初診問診票ダウンロード
記入の上お持ちください。

モバイルサイト

山田歯科クリニックスマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら

診療カレンダー